どう頼めばいいの?

力になってくれる弁護士を選ぶべきといわれても、実際どのようにすれば良いのか、悩まされるところでしょう。前述の通り、一般の人は日常においてそう弁護士を利用することはありません。ですが、だからといって運任せにする必要はありません。弁護士は、一般の人に役立てられてこその存在ともいえます。それだけに、知識のない人でも気軽に検討できるような仕組みが用意されています。

無料相談たとえば、無料相談の提供です。弁護士相談といえば高額であることで有名ですが、初回の相談に関しては費用なしでできるところも多くみられます。何人かの弁護士に無料相談をおこなって、提案内容や人当りを比較してみてはいかがでしょう。理想の弁護士を、選び抜けることでしょう。

また、資料請求ができるところも助かります。面談での相談は、会話の流れや時間制限もあるので、十分にできないケースも考えられます。ですが資料なら、自宅で落ち着きながらゆっくり吟味することができるでしょう。無料相談と資料を、合わせて活用すればさらに効果的かもしれません。

その他、過去の事例を豊富に紹介している弁護士事務所のサイトも心強いです。自分の例に似たケースがあり、理想的な流れで解決されているようであれば、そこを選ぶに越したことがないでしょう。こちらもまた、おすすめの検討方法です。

<関連リンク>浮気・不倫の慰謝料問題なら弁護士法人アディーレ法律事務所

慰謝料請求は難しい

法的手続きの中でも、慰謝料請求というのは結構複雑です。特に浮気や不倫というのは人の感情が大きな要素を占める上、立証も難しいです。それだけに、適切なやり方で進めなければ、思わぬトラブルにも発展しかねません。

浮気まずそもそも、浮気に関しては慰謝料請求できないケースが多いです。浮気は、結婚しているかどうかにかかわらず、パートナーが自分以外の異性に移り気になることを表します。ですが慰謝料請求できるケースに関しては、結婚しており、さらに肉体関係があるということが大前提となってきます。これは、慰謝料の法的性質が、不法行為に基づく損害賠償請求権であるためです。婚姻生活の平穏を侵害するという事実が、必要になってくるのです。そのため、広い意味合いで浮気という言葉がもちいられていますが、基本的に慰謝料請求は不倫にしか適用されないと考えておいてください。

不倫問題に対する慰謝料請求では、証拠の提出が大きなポイントとなってきます。主には、肉体関係をにおわせるメールやチャット記録、ラブホテルを出入りする写真、自白の音声記録などです。ですがこれらを入手する上では、やり方次第で名誉棄損に繋がる可能性もでてきます。この点でもやはり、弁護士の腕というものが試されます。

慰謝料のかかわる問題

慰謝料慰謝料がかかわる代表的なケースといえば、まず浮気や離婚の問題が挙げられるでしょう。恋愛感情の延長であるだけに、決して特別なケースでもありません。いつ気持ちが昂るか分からないため、普段穏やかで円満な夫婦関係を築けている男女でも、いつ関係がこじれるか分からないのです。慰謝料請求の段取りや流れについて、頭の片隅にでも入れておいて損はないでしょう。

また、交通事故に関する慰謝料も比較的多いかもしれません。請求する側としては、車などの乗り物を運転する人でなく、被害者がメインとなってくるため、免許の有無に関係なくかかわる可能性は高いです。精神的な保証だけでなく、怪我をした場合の治療費も含まれるので、しっかり請求したいところです。

そしていずれにおいてもかかわってくるのが、弁護士という存在です。トラブルに直面している最中というのは、気が動転しているケースも多いでしょう。そんな中、当人でなく第三者となる弁護士がサポートしてくれるというのは、法律知識以外の面でも何とも心強い印象です。また事実、弁護士に依頼するかどうかで、慰謝料の増減が生じることも多々あります。精神的なサポート、そしてより良い慰謝料請求、それぞれ考える上で、弁護士はぜひこだわるべき専門家居といえます。

弁護士は頼れる存在

日常的に弁護士を活用している人というのは、そう多くないでしょう。企業を運営している人などの場合は、法律面を任せる専門家として活用しているかもしれませんが、一般の人からすれば馴染みは薄いかと思われます。そもそも、日常において重大な法律を扱うというケースはそう多くありません。それだけに、いざというときに少しハードルが高く感じられがちです。

ですが、弁護士は頼れる存在に他なりません。一般層には馴染みが薄い法律を専門的に扱う、いわばプロフェッショナルであるためです。人生を大きく左右するような法律問題に直面したとき、心強い支えとなってくれることでしょう。

弁護士今回のテーマである慰謝料請求は、数ある法的ケースの中でもかかわる可能性の高い種類ではないでしょうか。事故やご近所トラブル、そして浮気や不倫など、さまざまなケースでもちいられる手段です。慰謝料は、まさに精神的なダメージに対しての保証金です。そのため、しっかりとれなければあとあと心の大きな負担として残り続けてしまうかもしれません。ですが逆にベストな請求ができたとなれば、ダメージどころか達成感をも得られるでしょう。

とはいえ、精神的問題を扱うだけに、やはり難易度は高くなりがちです。個人での論争はもとより、弁護士を頼る場合であっても力のある人に任せなければ、理想の結果には至れないかもしれません。慰謝料問題の特徴や、弁護士選びの方法などを紹介しているので、ご参考ください。