慰謝料請求は難しい

法的手続きの中でも、慰謝料請求というのは結構複雑です。特に浮気や不倫というのは人の感情が大きな要素を占める上、立証も難しいです。それだけに、適切なやり方で進めなければ、思わぬトラブルにも発展しかねません。

浮気まずそもそも、浮気に関しては慰謝料請求できないケースが多いです。浮気は、結婚しているかどうかにかかわらず、パートナーが自分以外の異性に移り気になることを表します。ですが慰謝料請求できるケースに関しては、結婚しており、さらに肉体関係があるということが大前提となってきます。これは、慰謝料の法的性質が、不法行為に基づく損害賠償請求権であるためです。婚姻生活の平穏を侵害するという事実が、必要になってくるのです。そのため、広い意味合いで浮気という言葉がもちいられていますが、基本的に慰謝料請求は不倫にしか適用されないと考えておいてください。

不倫問題に対する慰謝料請求では、証拠の提出が大きなポイントとなってきます。主には、肉体関係をにおわせるメールやチャット記録、ラブホテルを出入りする写真、自白の音声記録などです。ですがこれらを入手する上では、やり方次第で名誉棄損に繋がる可能性もでてきます。この点でもやはり、弁護士の腕というものが試されます。